大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
インフォメーション
ホームタウン
「第6回 さいたマーチ?〜見沼ツーデーウオーク〜 」参加レポート
[2018.03.28]

 3月25日(日)、さいたま新都心から見沼田んぼ周辺で開催された「第6回 さいたマーチ 〜見沼ツーデーウオーク〜」に参加しました。

 「さいたマーチ 〜見沼ツーデーウオーク〜」は、「だれもが健幸で元気に暮らせるまちづくり」を推進する「スマートウエルネスさいたま」の推進事業として開催され、ウオーキングを始めるきっかけを提供することを目的とした、さいたま市最大のウオーキングイベントです。日本最長の20kmを越える見沼田んぼ桜回廊を楽しみながら、自然環境や地域資源を広く紹介するとともに、豊かな心と身体の健康づくりを目指して開催され、2日間で過去最多の6,847名が参加しました。

 大宮アルディージャでは、クラブマスコットのアルディが出発式に登場し、さいたま市PRキャラクターのヌゥ、武蔵野銀行のドリームテイルクーベアとともに、出発を控える皆さまの激励とお見送りをしました。アルディージャのファン・サポーターの皆さまにもスポーツに親しみながら、ホームタウン・さいたま市の魅力をさらに知っていただく機会として、クラブ公式サイトで事前申込を受付し、ウオーキングを楽しんでいただきました。

 また、聖地・NACK5スタジアム大宮の一部エリアを大会コースとして開放し、参加者の皆さまに記念撮影スポットとしてのご利用やスタジアムの雰囲気を間近で体感していただきました。アルディージャ後援会会長の清水勇人さいたま市長にもお立ち寄りいただき、同日開催のアビスパ福岡戦に向けて激励をいただきました。


■健幸で元気に暮らそう!「スマートウエルネスさいたま」の推進
 さいたま市では、保健福祉分野をはじめ、都市・交通分野など様々な行政分野が連携して、「歩く」を基本に、「体を動かす、体を動かしてしまう」まちづくりを志向する新たな都市モデル、「スマートウエルネスさいたま」の推進に取り組んでいます。
 大宮アルディージャでは、「さいたマーチマーチ 〜見沼ツーデーウオーク〜」への事業協力のほか、「ウォーキング」のモデル事業として、平成25年度に「オレンジキューブ」で「西区にこにこしあわせウォーキング」や、平成29年度に「オレンジコート ステラタウン」で「北区ウォーキング教室」を実施するなど、さいたま市ならびに各区と連携して、市・区民を対象としたさまざまなスマートウエルネス事業を実施しています。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。

 大宮アルディージャでは、「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう、これからも活動を続けてまいります。今後ともご支援とご声援をよろしくお願いします。

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

ペ-ジの先頭へ
MENU