大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
インフォメーション
ホームタウン
「大宮アルディージャふれあいサッカー教室」実施レポート
[2018.02.14]

 2月12日(日)、さいたま市見沼区にある堀崎公園グラウンドにて、「大宮アルディージャふれあいサッカー教室」を実施しました。

 今回の「大宮アルディージャふれあいサッカー教室」は、さいたま市障害者総合支援センター主催で行われ、障がい者の社会参加への気持ちを喚起するチームワーク効果、運動不足の解消、身体の緊張緩和、また「参加できた」という体験を通じて、別の社会への参加意欲向上を目的とし、障がい者支援事業の一環で実施されました。

 冬晴れの心地よい天気の中、地域プロデュース部の野崎桂太U-12コーチ、廣松優一U-12コーチ、 吉田拓郎U-12コーチ、田中誠U-12コーチが参加し、障がいと日々向き合って生活をされている25名と一緒に、ボールを使った運動やミニゲームなどを行いました。

 普段は外であまり運動する機会がない方や、サッカー未経験の方も多く参加されましたが、ウォーミングアップから体を動かすことやボールに慣れることから始めました。その後は、ドリブルシュートの練習や参加者同士での試合も実施。参加された方は、きれいな人工芝の上で懸命にボールを追い、最後は終了証書とプレゼントを受け取り、サッカーの楽しさやスポーツで体を動かす魅力をわかち合いました。

 大宮アルディージャでは、「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう、これからも活動を続けてまいります。今後ともご支援とご声援をよろしくお願いいたします。

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

ペ-ジの先頭へ
MENU