大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
試合日程・結果
試合日程・結果
9月29日(土)18:00
レベスタ
福岡3-1大宮
前半1-0/後半2-1
得点
1'城後 寿(福岡)
48'大前 元紀(大宮)
71'城後 寿(福岡)
84'山瀬 功治(福岡)
交代
64' ウォン ドゥジェOUT → レオミネイロ IN(福岡)
72' 石津 大介OUT → 山瀬 功治 IN(福岡)
72' 渡部 大輔OUT → 酒井 宣福 IN(大宮)
79' 清水 慎太郎OUT → ダビド バブンスキー IN(大宮)
83' 三門 雄大OUT → ロビン シモヴィッチ IN(大宮)
85' 駒野 友一OUT → 輪湖 直樹 IN(福岡)
警告・退場
86'警告:レオミネイロ(福岡)
入場者数:7,388人
シュート:11(H)-11(A)
GK:7(H)-6(A)
CK:7(H)-6(A)
FK:10(H)-15(A)
スタメン
福岡HOME
スターティングメンバー
GK23 杉山 力裕
DF3 駒野 友一
DF26 古賀 太陽
DF29 吉本 一謙
DF39 篠原 弘次郎
MF6 ウォン ドゥジェ
MF8 鈴木 惇
MF14 枝村 匠馬
FW7 ユ インス
FW16 石津 大介
FW10 城後 寿
サブ
GK21 圍 謙太朗
DF19 堤 俊輔
DF22 輪湖 直樹
MF33 山瀬 功治
FW13 木戸 皓貴
FW17 松田 力
FW35 レオミネイロ
大宮AWAY
スターティングメンバー
GK21 塩田 仁史
DF13 渡部 大輔
DF3 河本 裕之
DF50 畑尾 大翔
DF6 河面 旺成
MF8 茨田 陽生
MF15 大山 啓輔
MF7 三門 雄大
MF16 マテウス
FW14 清水 慎太郎
FW10 大前 元紀
サブ
GK22 笠原 昂史
DF4 山越 康平
DF20 酒井 宣福
MF17 横谷 繁
MF24 ダビド バブンスキー
FW28 富山 貴光
FW9 ロビン シモヴィッチ

大前のゴールで同点に追いつくも、接戦を落とす
画像を見る



勝点57で並ぶ福岡とのアウェイゲームだ。ともにJ1昇格にかける想いは強い。明治安田J2第35節。台風24号が迫り来る中、アルディージャのキックオフで熱戦の幕が開いた。

試合はいきなり動いた。先制点は福岡。開始から40秒を過ぎた頃だ。センターサークル付近でインターセプトされると、抜け出した城後にミドルシュートを決められた。

アルディージャは慌てない。少ないタッチ数でシンプルにボールをつなぎ、前線にボールを運んでいく。三門、河面のミドルシュートで福岡のゴール前を脅かした。ディフェンスラインの裏を狙い、マテウスが得意のドリブルで果敢に仕掛けていく。11分のCKでは、畑尾が強烈なヘディングシュート。アルディージャが試合の主導権を徐々に握り始めていた。

25分過ぎからピッチ上に雨が落ち始める。アルディージャの内容は決して悪くないが、福岡もプレーの強度を上げ厳しくプレッシャーをかけてきたことで一進一退の展開となる。チャンスの数では福岡がやや上回った。アルディージャはマテウスを軸に攻撃を展開したものの、ゴールを割ることはできず、1点ビハインドのまま前半を終えた。

後半開始早々、アルディージャは清水が粘ってCKを獲得する。得点につながらなかったが、左サイドが活性化された。球際のファイトが激しくなっていく。その直後だ。48分、大山のボール奪取から縦パスが通り、左サイドのマテウスがドリブルでペナルティエリア近くまで侵入。相手DFの隙間をうまく突いて中央にパスを送り出す。待ち構えていたのは大前。巧みなポジショニングで相手のプレッシャーを外して右足で合わせた。エースの今季21点目で、アルディージャが1-1の同点に追いついた。

勝点3がほしい両チーム。次第にボールの動きが激しくなっていく。互いに前に出て攻め合った。カウンターの応酬、オープンな展開が続いた。しかし、均衡を破ったのは福岡だった。71分、再び城後に決められて1-2と勝ち越しを許した。

アルディージャは渡部に代えて酒井を投入した。ポジションチェンジしたマテウスとともに右サイドを攻め上がりチャンスメイクをする。77分にはCKのチャンスを得た。しかし、相手にクリアされるとカウンターからピンチを招く。レオミネイロのシュートは河面が体を張ってブロック。ゴールを割らせない。

79分にバブンスキー、83分には三門に代わってシモヴィッチがピッチに入った。ボランチを1枚減らして、ゴール前のボリュームを厚くした。しかし84分、福岡に3点目を献上する。これでアルディージャは苦しくなった。河本を前線に上げて、パワープレーで最後まで得点を狙いにいった。アディショナルタイムは5分。粘り強く戦ったが、1-3のまま試合終了のホイッスルを聞いた。

悔しい敗戦だ。意地と意地のぶつかり合いだった。敗れはしたが下を向いている時間はない。明治安田J2は残り7試合。次節の水戸戦は、1ヶ月以上ぶりにNACK5スタジアム大宮で迎える。気持ちを切り替えて最善の準備をし、ただひたすら勝利に向かって邁進するしかない。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)




画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

監督コメント

画像を見る

石井正忠監督 会見コメント
「天候が悪い中、遠くまで応援にきてくれたサポーターの皆さんに感謝したいですし、勝利することができず、申し訳ない気持ちです。早い時間帯に失点してしまい、前半の内に追いつくことができれば良かったですが、相手の高い位置からのプレッシャーを受け、ボールを失ってしまうシーンが目立ちました。後半は修正して、しっかりボールをつなぐこと、テンポ良くボールを動かすことを指示しました。その形から追いつくことができ、さらに追加点がほしかったですが、福岡の堅い守備を崩すことができませんでした。
選手たちは最後の最後まで戦う姿勢を見せてくれたと思います。大事な試合で勝点3を得ることができませんでしたが、次に向けて切り替えて準備していくしかないと思います」


選手コメント

画像を見る

DF6 河面 旺成 (#6河面)
「集中して入ろうと声を掛け合っていたにもかかわらず、開始早々に失点してしまいました。相手の運動量が落ちた後半は、自分たちが主導権を握ってボールを運べる時間があったと思います。同点にした後、チーム全体として追加点を取る姿勢が、もっと必要だったと感じます。正直、追い込まれていて後がない状況ですが、全員が同じ気持ちで一丸となって戦えば、まだまだ可能性はあると思います。一つひとつ、目の前の試合に臨んでいきたいです」



画像を見る

MF8 茨田 陽生 (#8茨田)
「勝利できなかったことが悔しいです。相手が前から奪いに来ていたので、その裏を突いて、高い位置で起点を作れれば良かったですが、相手のプレスにはまってしまった時間帯がありました。それでも、序盤の失点で集中を切らさずに良い形で後半に入ることができ、同点に追い付くことができたと思います。ただ、その後の試合運びは反省しなければいけません。残り7試合、全勝する気持ちで戦いますので、ファン・サポーターの皆さんも一緒に戦ってくれたらうれしいです」



画像を見る

MF16 マテウス (#16マテウス)
「順位が近い福岡との対戦で、勝点を失ってはいけない試合でしたが、残念な結果に終わってしまい悔しいです。雨の中でも応援し続けてくれた方々に、勝利を届けられず申し訳ない気持ちです。しかし、下を向いている時間はありません。今日の出来を反省し、次に切り替え、少しでも多くの勝点を積み重ねていかなければ、目標は達成できないと思います。来週の水戸戦でも多くの方がスタジアムに来てくれると信じていますし、皆さんと一緒に勝利をつかみたいと思います」


試合日程・結果トップへ戻る
ペ-ジの先頭へ
MENU