大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
試合日程・結果
試合日程・結果
9月23日(日祝)14:00
ピカスタ
讃岐0-2大宮
前半0-0/後半0-2
得点
79'清水 慎太郎(大宮)
90+2'大前 元紀(大宮)
交代
58' 佐々木 渉OUT → 重松 健太郎 IN(讃岐)
73' 茨田 陽生OUT → ダビド バブンスキー IN(大宮)
84' 大山 啓輔OUT → 横谷 繁 IN(大宮)
86' 原 一樹OUT → 我那覇 和樹 IN(讃岐)
86' 森川 裕基OUT → 市村 篤司 IN(讃岐)
90+3' 大前 元紀OUT → 酒井 宣福 IN(大宮)
警告・退場
34'警告:パク チャニョン(讃岐)74'警告:永田 亮太(讃岐)78'警告:田中 英雄(讃岐)90'警告:清水 健太(讃岐)
入場者数:2,630人
シュート:3(H)-11(A)
GK:14(H)-3(A)
CK:2(H)-1(A)
FK:8(H)-24(A)
スタメン
讃岐HOME
スターティングメンバー
GK1 清水 健太
DF4 荒堀 謙次
DF2 パク チャニョン
DF30 竹内 彬
DF31 アレックス
MF14 佐々木 渉
MF28 田中 英雄
MF25 岡村 和哉
MF7 永田 亮太
FW11 森川 裕基
FW20 原 一樹
サブ
GK16 ソン ヨンミン
DF3 中島 大貴
DF15 市村 篤司
MF8 渡邉 大剛
MF17 佐々木 匠
FW9 我那覇 和樹
FW19 重松 健太郎
大宮AWAY
スターティングメンバー
GK21 塩田 仁史
DF13 渡部 大輔
DF3 河本 裕之
DF50 畑尾 大翔
DF6 河面 旺成
MF8 茨田 陽生
MF15 大山 啓輔
MF7 三門 雄大
MF16 マテウス
FW14 清水 慎太郎
FW10 大前 元紀
サブ
GK22 笠原 昂史
DF4 山越 康平
DF20 酒井 宣福
MF17 横谷 繁
MF39 嶋田 慎太郎
MF24 ダビド バブンスキー
FW28 富山 貴光

清水の今季初ゴールで先制! 讃岐を2-0で下し勝点3をゲット!
画像を見る



今季の明治安田J2もあと9試合となった。第34節は讃岐とのアウェイゲームだ。アルディージャのスターティングラインナップに若干の変化があった。FW清水は第5節の熊本戦以来、DF渡部は第9節の岡山戦以来のスタメンである。また、右サイドハーフには出場停止明けの茨田が戻ってきた。全員の力を駆使して、連戦を乗り切りたい。

前半はアルディージャがボールを動かす時間が続いた。渡部、清水、茨田が右サイドで連携を取り、相手のディフェンスラインを崩しにかかる。しかし、相手の厳しいプレッシャーを受け、なかなかゴール前に迫ることができない。セットプレーからチャンスはあった。14分にはシュートコーナーから大山がクロス。河本がヘディングシュートを放ったが、ボールは枠をとらえることができなかった。

前半最初のビッグチャンスは23分、ボールを持った大前が茨田とのパス交換からシュートを放つ。しかし、ボールは惜しくもバーを叩いた。さらに36分には大前からの絶妙なパスを受けた清水が右足を振り抜いたが、これも枠の外。ゴールを奪うことはできなかった。

アルディージャのチャンスは続く。38分には、マテウスが左に展開したボールを河面がグラウンダーのクロス。清水が素早く反転してシュートを放つ。しかし、シュートはミートせず、ボールは枠をそれていった。前半終了間際の43分には、セットプレーのこぼれ球を茨田がクロス。ゴール前に残っていた河本がヘディングシュートを放つが、これも枠をとらえることができない。

前半のシュート数は6対1とアルディージャが大きく上回った。アルディージャがチャンスを生かせなかったととらえるべきか、それとも讃岐が大宮の攻撃をしのいだととらえるべきか。いずれにせよ、試合は0-0のままハーフタイムを迎えた。

後半に入ると讃岐が攻撃のギアを上げてくる。波状攻撃で何度もアルディージャのゴール前を脅かした。球際の攻防も激しくなる。チャンスはピンチのあとに訪れた。79分、ついに均衡が破れる。アルディージャが相手のセットプレーをしのいだ直後だった。マテウスが右からクロスを入れた。代わったばかりのバブンスキーが頭で競り合って、ボールを落とした。待ちかまえていた清水がダイレクトでシュート。これがネットを揺らした。清水に待望の今季初ゴールが生まれ、アルディージャが1点を先制した。

その後も試合の主導権を握ったのはアルディージャだ。終了間際には追加点が生まれた。左サイドでボールを受けたバブンスキーが逆サイドに大きく展開。渡部のスルーパスに大前が抜け出す。ペナルティエリアに入ったところで相手GKに倒されてPKを獲得。一度は大前のシュートは枠を外れたものの、やり直しとなったPKをしっかりと決めた。大前の今季20点目で2-0。その後も讃岐の攻撃をしのぎ切り、アルディージャが貴重な勝点3を手に入れた。

次節は福岡とのアウェイゲームだ。ここからは一つひとつの勝点が今まで以上に重みを増してくる。もちろん簡単な戦いなどない。今こそチームスローガンの“ONE"を掲げ、一丸となって前に進みたい。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)




画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

監督コメント

画像を見る

石井正忠監督 会見コメント
「お互いに勝点3を取ることを狙っていた試合でしたので、非常に厳しい試合になると予想していました。守備面では、粘り強くバランスを崩すことなく守ることができていたと思います。攻撃でもサイドからの攻撃を続けたことが最後に実りました。リードしてからは、しっかり守り切るところと、オープンになった局面を生かして追加点を狙うところを、選手がしっかり判断してプレーできていましたし、それが追加点となるPKのシーンにつながったと思います。粘り強く、辛抱強く戦い、勝点3を取ることができた非常に良い試合でした。
今日の勝利は前節に残念な負け方をしていたので、その敗戦を払しょくする意味でも大きな意味を持つと思います。今日も讃岐まで大宮サポーターの皆さんが、駆けつけてくれて熱い声援を送ってくれました。90分間絶え間なく大きな声援を送って選手を鼓舞してくれたことが、選手の大きな力になったと思います。サポーターの皆さんと、喜ぶことができて本当に良かったです」


選手コメント

選手コメント

画像を見る

MF7 三門 雄大 (#7三門)
「前半にチャンスがあった中で決め切れず、タフな展開になりましたが、チームとして粘り強く戦って勝つことができて良かったです。何より、失点ゼロで終えることができたのは大きいと思います。先日の甲府戦のように、相手のボランチに主導権を握られてしまうと難しい試合になってしまいます。僕や啓輔、繁のところでどれだけ競り合いに勝てるかが大事で、泥臭くセカンドボールを拾うことも重要な仕事なので、今日のようなプレーを続けていきたいと思います」



画像を見る

DF13 渡部 大輔 (#13渡部)
「対面の左サイドバックが攻撃的なアレックス選手だったので、その背後のスペースを意識して試合に入りました。サイドからチャンスを作るという狙いはある程度できましたが、相手を深く押し込んだときの攻撃のクオリティーをもっと上げていきたいと思います。守備では、みんなで声を掛け合いながら、攻撃時にしっかりとリスクマネジメントできていました。残り8試合、全て勝つ気持ちで戦わないと優勝はできません。誰が出たとしても勝利を目指し、チーム全員でタイトルを取りにいきたいと思います」



画像を見る

FW14 清水 慎太郎 (#14慎太郎)
「ファン・サポーターの皆さんの声援が、すごく聞こえていました。裏への抜け出しや前線でボールを収めることを意識し、前半に決定機を外してしまいましたが、精神的に切り替えたことでシーズン初得点につなげることができました。試合に出られない時期も、(大塚)真司さんたちと地道にシュート練習を続けてきました。会場に来ていないみんなにも感謝しています。ここからは簡単な試合はありません。自分たちが勝ち続けなければ優勝は達成できませんので、自分たちに意識を向けて戦っていきたいです」
試合日程・結果トップへ戻る
ペ-ジの先頭へ
MENU