大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
試合日程・結果
試合日程・結果
7月21日(土)19:00
鳴門大塚
徳島2-1大宮
前半0-0/後半2-1
得点
56'前川 大河(徳島)
59'大前 元紀(大宮)
66'岩尾 憲(徳島)
交代
70' 前川 大河OUT → 小西 雄大 IN(徳島)
74' マテウスOUT → マルセロ トスカーノ IN(大宮)
74' 富山 貴光OUT → ロビン シモヴィッチ IN(大宮)
85' 三門 雄大OUT → 横谷 繁 IN(大宮)
90' 広瀬 陸斗OUT → 内田 裕斗 IN(徳島)
90+2' 島屋 八徳OUT → 佐藤 晃大 IN(徳島)
警告・退場
48'警告:石井 秀典(徳島)
57'警告:マテウス(大宮)
75'警告:茨田 陽生(大宮)
入場者数:5,801人
シュート:9(H)-5(A)
GK:8(H)-7(A)
CK:4(H)-1(A)
FK:14(H)-18(A)
スタメン
徳島HOME
スターティングメンバー
GK21 梶川 裕嗣
DF4 藤原 広太朗
DF5 石井 秀典
DF15 井筒 陸也
MF22 広瀬 陸斗
MF6 シシーニョ
MF27 大本 祐槻
MF8 岩尾 憲
MF23 前川 大河
FW11 島屋 八徳
FW50 ピーター ウタカ
サブ
GK1 カルバハル
DF7 内田 裕斗
MF32 小西 雄大
MF14 杉本 竜士
MF41 狩野 健太
FW33 藤原 志龍
FW18 佐藤 晃大
大宮AWAY
スターティングメンバー
GK22 笠原 昂史
DF20 酒井 宣福
DF4 山越 康平
DF3 河本 裕之
DF6 河面 旺成
MF8 茨田 陽生
MF15 大山 啓輔
MF7 三門 雄大
MF16 マテウス
FW28 富山 貴光
FW10 大前 元紀
サブ
GK21 塩田 仁史
DF25 高山 和真
DF19 奥井 諒
MF17 横谷 繁
MF39 嶋田 慎太郎
FW11 マルセロ トスカーノ
FW9 ロビン シモヴィッチ

9戦ぶりの敗戦も、大前が通算15点目で得点ランクの単独トップに立つ
画像を見る



大きなヤマ場を迎えている。今日からの3連戦で、アルディージャは徳島、松本、熊本と対戦。いずれも前半戦に黒星を喫した相手だ。同じ相手から連敗するわけにはいかない。その第一弾となる明治安田J2第24節の徳島戦。相手は、ピーター ウタカが加入して勢いに乗っている。2年前のJ1得点王だ。しかし、アルディージャには大前がいる。4連続得点中のストライカーがチームを勝利に導くか。灼熱の一戦が幕を開けた。

序盤は徳島がペースを握った。エースのウタカにボールを集めてくる。しかし、アルディージャは慌てない。ボールをしっかりと動かし、チャンスと見るやロングボールを使って徳島のディフェンスラインの裏を狙いにいく。守備も安定していた。ダブルボランチの三門、大山が球際で強さを発揮。ウタカには河本が立ちはだかった。はじめは劣勢だったボール支配率も徐々に盛り返した。

最初の決定機は29分に訪れる。茨田が中盤で相手のパスをインターセプト。素早く前線を走る大前につないだ。粘り強くボールをキープすると、折り返したボールを走り込んできた茨田がシュート。しかし、惜しくもゴールポストに跳ね返された。

チャンスの後にはピンチもあった。30分、徳島の前川に決定的なシュートを打たれるが、これはGK笠原が右手一本でファインセーブ。さらに、40分に許したウタカのシュートも、笠原が右足を投げ出して弾き出した。見応えのある攻防を展開した前半は互いにノーゴール。勝敗の行方を後半に委ねた。

後半に入り、両チームが攻撃のギアを上げてくる。攻守の入れ替わりも激しくなった。そして、56分、徳島に先制点が生まれる。ディフェンスラインにできたギャップに縦パスを通されると、走り込んできた前川に左足を振り抜かれた。それまで攻守を見せていた笠原もあと一歩及ばなかった。

しかし、簡単に流れを渡さないのが、今のアルディージャの強さだ。59分、相手のセットプレーを笠原がキャッチすると、素早く左サイドにスローイング。このボールを受けた河面が前線にフィードする。浅くなっていた相手ディフェンスラインの裏をうまく抜け出した大前が右足で合わせてゴール。早くも同点に追いついた。5試合連続となる大前のゴールは、シーズン通算15点目。得点ランキングでもついに単独トップに立った。

このゴールでアルディージャに勢いがついた。前線のコンビネーションを生かして徳島の守備を崩しにかかる。ゴール裏の雰囲気も高まっていた。しかし、66分、一瞬の隙を突かれた。中盤でウタカにボールを奪われると、カウンターを防ぐことができず、後方から押し上げてきた岩尾にシュートを決められた。

再び突き放された。1点が欲しいアルディージャは、73分に決定的なチャンスをつかむ。左に流れたマテウスから中央へ低いクロス。逆サイドの茨田が右足で合わせたが、ボールはまたも右ポストをたたいた。74分、マルセロ、シモヴィッチを同時にピッチに送り出した。これで攻撃の破壊力が増した。しかし、スコアが動かない。アディショナルタイムは4分。前線で収めたボールをシモヴィッチがシュートするが、相手DFの献身的な守備に阻まれた。これがラストチャンスとなり、1-2のままタイムアップ。9試合ぶりに黒星を喫した。

リベンジこそならなかったが、攻撃力の高さは示した。2点は取られたが、悲観する内容ではない。忘れていけないのは、いい部分を継続していくことだ。中3日で試合は続く。次節は松本と対戦。首位を走るチームをホームで下し、再び上昇気運に乗っていきたい。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)




画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

監督コメント

画像を見る

石井正忠監督 会見コメント
「前半は比較的、安定した形でプレーできました。守備では、前線からプレッシャーをかけていくところ、前からのプレッシャーを外されたときには自陣でコンパクトにするところ、その判断は非常に良かったと思います。ただ、攻撃では自分たちでボールを失う場面や、少し正確性を欠いたシーンが見られたことが残念です。前半は非常に良い形があったので、得点につなげられなかったこと、自分たちで細かいミスを続けてしまったというところが反省すべき部分かと思います。
後半に入り、相手はスピードアップして攻撃の力を強めてくることが予想できました。徳島は前半からスピードあるカウンターを見せていましたし、そのカウンターから失点してしまったということが今日の試合の大きなポイントになったかと思います。非常に残念な結果ですが、すぐに試合がありますので、次戦に向けて切り替えたいと思います。徳島まで応援に来てくれたサポーターの皆さんと大宮で応援してくれた皆さんに勝ち試合を見せられなかったことを非常に残念に思います。次はホームゲームですから、また応援していただけると嬉しく思います」


選手コメント

選手コメント

画像を見る

DF6 河面 旺成 (#6河面)
「クロスでのアシストに関しては、最終ラインとGKの間にパスが欲しいと、前半の途中から元紀くんに言われていました。その狙いが得点という結果につながって良かったです。今日から僕のチャントを歌っていただき素直にうれしいですし、責任感が高まりました。試合に出ている以上、チームの勝利につながるプレーをしたいですし、チームが苦しい状況のときに、どれだけ泥臭く頑張れるかという意識を持って取り組みたいです」



画像を見る

FW11 マルセロ トスカーノ (#11マルセロ)
「左サイドからカットインをして、クロスやシュートを狙う意識でした。同時にピッチに入ったロビンと良い距離感でプレーできれば、必ずチャンスを作れると思っていましたが、堅いブロックを崩し切ることができませんでした。チームとして、最後までゴールを狙う意欲を見せられたので、これを水曜日の松本戦につなげたいと思います。リーグ戦は続きます。一つひとつ勝利を重ねられるように努力していきたいです」



画像を見る

MF15 大山 啓輔 (#15大山)
「先制された後すぐに取り返せただけに、2失点目の時間帯が良くなかった。失点は自分たちのミスからでしたが、ミスは誰しも当然あるものです。それをチーム全体でカバーすることが重要ですし、全員が自分に矛先を向けて改善していければと思います。攻撃に関しては、相手を中央に絞らせてからサイドに展開したかったのですが、中央で奪われてカウンターを受けてしまう場面があったので、そのクオリティーも上げていきたいと思います」


試合日程・結果トップへ戻る
ペ-ジの先頭へ
MENU