大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
試合日程・結果
試合日程・結果
3月21日(水祝)13:00
えがおS
熊本2-1大宮
前半0-1/後半2-0
得点
23'菊地 光将(大宮)
47'皆川 佑介(熊本)
85'安 柄俊(熊本)
交代
68' 巻 誠一郎OUT → 安 柄俊 IN(熊本)
68' 清水 慎太郎OUT → 富山 貴光 IN(大宮)
68' 嶋田 慎太郎OUT → マテウス IN(大宮)
86' 中山 雄登OUT → 伊東 俊 IN(熊本)
88' 酒井 宣福OUT → マルセロ トスカーノ IN(大宮)
90' 八久保 颯OUT → 植田 龍仁朗 IN(熊本)
警告・退場

入場者数:4,126人
シュート:8(H)-12(A)
GK:9(H)-3(A)
CK:9(H)-8(A)
FK:17(H)-9(A)
スタメン
熊本HOME
スターティングメンバー
GK30 佐藤 昭大
DF23 小谷 祐喜
DF15 青木 剛
DF4 園田 拓也
MF14 田中 達也
MF27 中山 雄登
MF32 米原 秀亮
MF19 八久保 颯
MF2 黒木 晃平
FW18 巻 誠一郎
FW11 皆川 佑介
サブ
GK1 畑 実
DF5 植田 龍仁朗
DF24 高瀬 優孝
MF8 上村 周平
MF22 上原 拓郎
MF31 伊東 俊
FW9 安 柄俊
大宮AWAY
スターティングメンバー
GK22 笠原 昂史
DF13 渡部 大輔
DF4 山越 康平
DF2 菊地 光将
DF6 河面 旺成
MF39 嶋田 慎太郎
MF15 大山 啓輔
MF7 三門 雄大
MF20 酒井 宣福
FW9 ロビン シモヴィッチ
FW14 清水 慎太郎
サブ
GK21 塩田 仁史
DF25 高山 和真
DF19 奥井 諒
MF23 金澤 慎
MF16 マテウス
MF11 マルセロ トスカーノ
FW28 富山 貴光

菊地のヘディングシュートで先制するも、後半の2失点で逆転を許す
画像を見る



タフなゲームになることはわかっていた。アルディージャを知り尽くした渋谷洋樹監督が熊本のベンチにいるからだ。多くの時間を共有した高瀬優孝もいる。一方で、アルディージャのスタメンには、ジュニアユースから熊本でプレーしてきた嶋田が入った。明治安田J2第5節は、縁の深い一戦となった。

連戦ということもあり、アルディージャは前節からスタメンを5人入れ替えてきた。河面、大山、酒井は今季初スタメンだ。立ち上がりは、高さのあるシモヴィッチをターゲットに、タテにボールを入れて攻撃の起点を作る。最初のチャンスは6分、渡部のクロスを酒井が頭で折り返すと、清水が至近距離からシュート。相手GKが弾いたボールをシモヴィッチが押し込んだが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

前からプレッシャーをかけてくる熊本に対して、アルディージャは低い位置でボールを動かす。タイミングを見ながらタテにボールを入れて、攻撃を組み立てた。しかし、熊本の守備が厚い。効果的だったのがショートカウンターだ。17分には、高い位置でボールを奪った清水がミドルシュート。枠をとらえることはできなかったが、一つの形を見出した。

先制点は23分、セットプレーから生まれた。アルディージャがトリッキーなプレーを見せる。嶋田が蹴ると見せかけて、ゾーンで守る熊本に揺さぶりをかけた。タイミングをズラして大山が蹴ったボールは、GKとディフェンスラインの間の絶妙な位置に入る。これをゴール前に飛び込んだ菊地が頭で押し込んで、アルディージャが開幕戦以来となる先制点を奪った。

しだいに雨脚が強くなってきた。熊本の猛攻を受ける時間も長くなっていった。27分には、熊本の巻に決定的なシュートを許す。しかし、これはポストに救われた。アルディージャが1点をリードして前半を折り返したが、内容は五分五分だった。

後半開始早々の47分、CKから熊本に同点ゴールを決められる。スコアが振り出しに戻った。その後は、互いにチャンスを作れず、拮抗した展開が続いた。アルディージャは立て続けにCKを獲得したが、なかなか得点に結びつけることができない。68分には、富山、マテウスを同時に投入して攻撃の厚みを増した。

75分にはそのマテウスがチャンスを演出する。ペナルティエリアの外から得意のドリブルでゴール前に侵入。至近距離からシュートを放ったが、惜しくも相手GKに弾かれる。ここで得たCKは、ドンピシャのタイミングで菊地がヘディングシュート。しかし、これも相手GKにクリアされた。

試合が動いたのは終盤だ。85分、途中からピッチに入った熊本の安に技ありのゴールを決められる。1-2。逆転を許した。アルディージャはマルセロを投入して1点を取りにいった。最後は河面のシュート性のクロスにシモヴィッチが飛び込む場面もあったが、ゴールを割ることができず1-2で敗れた。

前半の内容がよかっただけに悔しい敗戦となった。だが、下を向いている時間はない。次節の福岡戦まで中3日。今日の敗戦を糧に、前へ進んでいくことが何よりも重要だ。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)




画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

監督コメント

画像を見る

石井正忠監督 会見コメント
「ここ数試合の中では、今日の前半は非常に良い戦い方ができたと思っています。その中で、セットプレーから先制することができました。しかし逆に、後半の立ち上がりにセットプレーで失点してしまったことで勢いを半減させられてしまいました。
後半もしっかりつないで相手陣内にボールを運ぶことができていましたが、アタッキングサードでの精度が足りませんでした。また、今日の試合では相手よりもハードワークをしてアグレッシブに戦おうということでゲームに入ったのですが、その部分で相手を上回れなかったと感じています」


選手コメント

選手コメント

画像を見る

DF6 河面 旺成 (#6河面)
「体を張って前半を無失点で終えましたし、狙っていた形で先制することができました。それだけに、後半の立ち上がりと最後という、最も締めなければいけない時間帯に失点してしまったのは大きな課題です。今日は、対面の田中選手を自由にさせないことを意識しつつ、攻撃参加を増やしたいと考えていました。必ずチャンスがくると思って取り組んできたので、リーグ初先発でも慌てることはありませんでしたが、結果を出せなくて残念です。すぐ4日後にホームでの福岡戦があります。チームとしてやっていることを信じ、一丸となって勝利をつかみたいです」


画像を見る

MF15 大山 啓輔 (#15大山)
「ここ数試合、相手のプレッシャーに対してボールをつなげず、勢いをつけさせてしまう展開があったので、まずは落ち着いてボールを保持することを意識しました。素早くポジションを取り、しっかりとパスをつなぎ、良い攻撃につなげることも大事なハードワークだと思います。その中で、縦に速い攻撃をする場面と、安定してつなぐ場面に関して、もう少し意思統一できれば良い形が増えてくると思っています。キクさんへのアシストの場面は練習通りでしたが、その後の試合運びに課題が残ってしまったと感じます」


画像を見る

FW28 富山 貴光 (#28富山)
「大宮での公式戦は3年ぶりでしたので、結果として負けてしまったのは非常に悔やまれますし、勝たなければいけない試合だったと思います。石井さんからは、前線でボールをキープする、しっかりと守備をするという指示を受けていました。コンディションは上がってきていますし、チームとしてやるべきことを明確に整理して、結果に結び付けたいと思います。今日は自分の応援歌を歌ってくださってうれしかったです。必ず結果を出して皆さんに恩返ししたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」
試合日程・結果トップへ戻る
ペ-ジの先頭へ
MENU