大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
試合日程・結果
試合日程・結果
9月23日(土祝)16:00
ヤマハ
磐田2-1大宮
前半2-0/後半0-1
得点
20'中村 俊輔(磐田)
28'ムサエフ(磐田)
48'マテウス(大宮)
交代
HT' 大山 啓輔OUT → マルセロ トスカーノ IN(大宮)
70' 大前 元紀OUT → 清水 慎太郎 IN(大宮)
79' 中村 俊輔OUT → 山田 大記 IN(磐田)
84' 茨田 陽生OUT → 山越 康平 IN(大宮)
87' 川辺 駿OUT → 小川 大貴 IN(磐田)
90+2' アダイウトンOUT → 松浦 拓弥 IN(磐田)
警告・退場
40'警告:中村 俊輔(磐田)
65'警告:マテウス(大宮)
87'警告:大屋 翼(大宮)
90'警告:小川 大貴(磐田)
入場者数:13,119人
シュート:14(H)-5(A)
GK:4(H)-10(A)
CK:9(H)-1(A)
FK:20(H)-10(A)
スタメン
磐田HOME
スターティングメンバー
GK21 カミンスキー
DF5 櫻内 渚
DF33 藤田 義明
DF35 森下 俊
DF41 高橋 祥平
MF8 ムサエフ
MF10 中村 俊輔
MF13 宮崎 智彦
MF15 アダイウトン
MF40 川辺 駿
FW20 川又 堅碁
サブ
GK36 三浦 龍輝
DF24 小川 大貴
MF7 上田 康太
MF9 太田 吉彰
MF11 松浦 拓弥
MF19 山田 大記
FW16 齊藤 和樹
大宮AWAY
スターティングメンバー
GK1 加藤 順大
DF19 奥井 諒
DF2 菊地 光将
DF3 河本 裕之
DF20 大屋 翼
MF47 岩上 祐三
MF40 茨田 陽生
MF15 大山 啓輔
MF16 マテウス
FW7 江坂 任
FW10 大前 元紀
サブ
GK21 塩田 仁史
DF4 山越 康平
DF13 渡部 大輔
MF37 カウエ
MF17 横谷 繁
FW14 清水 慎太郎
FW33 マルセロ トスカーノ

マテウスのゴールで1点差に迫るも1-2で敗戦
画像を見る



明治安田J1も今日を含めて残り8節。正念場の戦いが続いている。トンネルの先の光は、わずかに見えた。3日前の天皇杯だ。大学生が相手とはいえ、失点をゼロで抑えて2-0の勝利をつかんだ。その試合に出場した大屋は、磐田戦でも先発。途中出場だった奥井、マテウス、江坂もスタートからピッチに立った。筑波大学から2ゴールを奪った清水は、ベンチから時が来るのを虎視眈々と狙っている。試合は16時3分、アルディージャのキックオフで幕を開けた。

立ち上がり、ホームの声援に背中を押されて攻める磐田を真っ向から受け止めた。相手のセットプレーのたびに、ゴール前にブロックを築いてボールをはじき出した。当然、球際でのプレーには細心の注意を払っていたはずだ。しかし、そのセットプレーから先制点を献上する。20分の磐田の直接FK。中村が蹴ったボールは、ゴール前の混戦をすり抜けてゴールへ吸い込まれていった。

さらに、わずか8分後に早くも2失点目を喫することになる。川又のポストプレーからボランチのムサエフにディフェンスラインを突破された。一度目のループシュートはGK加藤順が右手で防いだものの、こぼれ球を押し込まれた。

アルディージャは江坂を最前線に置き、大前とマテウスが連動して左サイドから相手ディフェンスラインの裏を狙いにいく。しかし、5バックを敷いた守備をなかなか崩せない。さらに、中盤がやや間延びした状態で前線からプレッシャーを掛けられ、後方から精度の高いパスを配球できなかった。決定機がなく、前半のシュートはわずかに2本。磐田にペースを握られたままハーフタイムを迎えた。

すると、後半のスタートからマルセロを投入。大屋、河本、菊地の3バックに変更し、攻撃に厚みを加えた。この采配が的中する。48分、左サイドで大前のスルーパスを受けたマテウスが抜け出すと、ドリブルで中に切り込んで右足を一閃。鮮やかにゴールネットを揺らして1点差に追い上げた。これで、ゲームが動いた。

だが、その後も決定的なチャンスを作ったのは磐田の方だ。相手の豊富な運動量を前に、アルディージャは守る時間が長くなった。70分には清水がピッチに入って攻撃を活性化。84分には茨田に代えて山越を投入し、菊地を最前線に上げてパワープレーを仕掛ける。最後まで勝点を取りにいった。前線に人数を掛け、岩上のロングスローで圧力を掛ける。しかし、1-2のままタイムアップ。勝点を奪取することはできなかった。

前半の2失点が響いた。「前半から相手のセットプレーが続いていた。簡単に与えてはいけないファウルが多かった」。大前はそう反省点を挙げつつも、「得点しないと勝点3は取れない。チームが一つになって、勝点3を取りにいくサッカーをしていきたい」と意気込みを語った。「勝つことしか頭にない」と言ったのは大屋だ。「自分たちで勝ちをつかまないとJ2が見えてしまう。しっかりと覚悟して、全員でやっていきたい」と危機感を口にした。

残留圏となる15位・広島が勝点3を上積みしたことで、その差は勝点5に広がった。残りは7試合。これ以上の後退は許されない。不退転の覚悟で立ち向かっていくしかない。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)




画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

監督コメント

画像を見る

伊藤彰監督会見コメント
「磐田まで大勢のファン・サポーターの皆さまが集まってくださったのですが、勝ちきれなくて残念に、そして申し訳なく思っています。

前半は積極的にいきながら、しっかりと失点をゼロで抑えるというゲームプランで入ったのですが、受け身になったところもあり、中村俊輔選手のフリーキック1本でやられてしまいました。あの場面でファウルを与えてはいけなかったですし、球際の激しさでも負けていたと思うので、そのあたりは次に向けて修正していきたいです。

後半は0-2というスコアでしたので、少しバランスを崩してでも点を取りにいきました。早い時間帯で1点は取れましたが、そこからたたみ掛けられるようにならなければいけないと感じています。後半、失点しそうな場面が何度もありましたし、しっかりと守れるように、先に失点をしないように修正していきたいと思っています。

不甲斐ないゲームになってしまったのは私の責任だと感じています。次のゲームに向けてもう一歩、チャレンジしていきたいです」


選手コメント

選手コメント

画像を見る

DF3 河本 裕之 (#3河本)
「個人能力の高い相手の攻撃陣に対し、簡単にやらせないように意識していました。局面で競り合う場面が多かった中で、ある程度は抑えられていたと思います。ただ、2失点目がそうでしたが、積極的に前へ出てくる相手に後手を踏んでしまい、セカンドボールを拾われてしまったので、そこは全員で意識を高めて修正していく必要があると思います。リスクを背負った後半は自分たちがやりたい戦いが少し出せていましたが、1得点に終わってしまいましたし、もっと精度を高めていかなければいけません。そして、自分はディフェンスの選手なので、次はしっかりと守り切りたいと思います」



画像を見る

MF40 茨田 陽生 (#40茨田)
「今日は普段より少し低いボランチで守備をしながら、パスを受けてゲームを作っていく狙いでしたが、もう少し前線との距離を縮めることと、ロングパスの質を上げられることができれば良かったです。相手のボランチの選手が前に強いというのは分かっていましたが、自分が前を向いてプレーするシーンを思ったように作ることができず、効果的なパスを出せませんでした。後半は守備で踏ん張りながら得点を狙っただけに、まずは追い付かなければいけない展開だったと思います。リーグ戦は残り7試合ですし、結果を求めて戦っていくしかありません。下を向かず、一つひとつ必死で頑張りたいです」



画像を見る

MF47 岩上 祐三 (#47岩上)
「個人的にリーグ戦では久しぶりの先発でしたし、結果を求めていました。今は内容よりも結果が重要だと考えていますので、1-2で敗れたという事実がある以上、チームとしても個人としても良くない試合だったと思います。それでも、攻撃では元紀と任の距離感が良かったですし、セカンドボールを拾えたときは良い形が作れていました。自分としても、ボールを引き出して前の選手と連係したいと意識していたので、そこは続けていくと同時に、クロスの精度を高めていきたいです。今日も多くの皆さんが最後まで声援を送ってくれましたが、僕たちも勝利を目指して戦い続けますので、次のホームでも応援よろしくお願いします」
試合日程・結果トップへ戻る
ペ-ジの先頭へ
MENU