大宮アルディージャ公式サイト アルモバ!!
試合日程・結果
試合日程・結果
4月30日(日)15:00
NACK
大宮1-0浦和
前半0-0/後半1-0
得点
63'茨田 陽生(大宮)
交代
HT' 長谷川 アーリアジャスールOUT → 大山 啓輔 IN(大宮)
HT' 柏木 陽介OUT → 青木 拓矢 IN(浦和)
53' 武藤 雄樹OUT → 李 忠成 IN(浦和)
66' 宇賀神 友弥OUT → 駒井 善成 IN(浦和)
72' 瀬川 祐輔OUT → 清水 慎太郎 IN(大宮)
87' 江坂 任OUT → 高山 和真 IN(大宮)
警告・退場
33'警告:ラファエル シルバ(浦和)
81'警告:渡部 大輔(大宮)
入場者数:12,401人
シュート:8(H)-14(A)
GK:18(H)-7(A)
CK:3(H)-6(A)
FK:11(H)-18(A)
スタメン
大宮HOME
スターティングメンバー
GK21 塩田 仁史
DF13 渡部 大輔
DF4 山越 康平
DF3 河本 裕之
DF22 和田 拓也
MF23 金澤 慎
MF47 岩上 祐三
MF28 長谷川 アーリアジャスール
MF40 茨田 陽生
FW7 江坂 任
FW44 瀬川 祐輔
サブ
GK50 松井 謙弥
DF25 高山 和真
DF20 大屋 翼
MF15 大山 啓輔
MF17 横谷 繁
FW10 大前 元紀
FW14 清水 慎太郎
浦和AWAY
スターティングメンバー
GK1 西川 周作
DF46 森脇 良太
DF6 遠藤 航
DF5 槙野 智章
MF24 関根 貴大
MF10 柏木 陽介
MF22 阿部 勇樹
MF3 宇賀神 友弥
MF9 武藤 雄樹
MF30 興梠 慎三
FW8 ラファエル シルバ
サブ
GK25 榎本 哲也
DF4 那須 大亮
MF15 長澤 和輝
MF16 青木 拓矢
MF18 駒井 善成
MF39 矢島 慎也
FW20 李 忠成

茨田が決勝ゴール!さいたまダービーを制し、今シーズン初勝利!
画像を見る



今年もまた、特別な一戦がやってきた。さいたまダービーだ。スタジアムを彩るオレンジと赤のコントラストも、この日ばかりは特別な色彩を放つ。キックオフ前の時点で、浦和は勝点19の首位。際立つのは、8試合で24得点を挙げている攻撃力だ。しかし、ダービーにおいては、順位は意味を持たない。勝つチャンスは十分にある。この試合を浮上のきっかけにしたいのは、アルディージャにかかわる全員に共通した思いだろう。

明るいニュースもある。2トップの一角に、ケガで戦列を離れていた瀬川が戻ってきたのだ。4日前のルヴァンカップ札幌戦では、途中出場ながら攻撃を活性化させ、自らの同点ゴールで貴重な勝点1をもたらした。23歳の若武者は、果たしてチームを蘇らせる起爆剤になれるか。プライドとプライドが激しく交錯する一戦が、いよいよ幕を開けた。

ファーストシュートは3分、浦和の方だった。2分後には興梠にヘディングシュートを打たれるが、GK塩田がセーブ。その後も人数を掛けて攻撃を仕掛けてくる相手に対して守る時間が長くなる。しかし、センターバックの河本が巧みに最終ラインをコントロール。全員がハードワークを繰り返して、危険なエリアを封じ込めた。

「(金澤)慎君が興梠選手にマンマークでつき、相手は嫌がっていた。カウンターもハマっていたので、耐えていればチャンスはあると思った」。試合後、こう振り返ったのは山越だ。アルディージャにビッグチャンスが訪れたのは22分、長谷川の縦パスを受けた瀬川が抜け出す。シュートは相手GKにはじかれたが、ゴールへのどん欲な姿勢が決定機につながった。

さらに32分には岩上のスローインからチャンスをつかむ。一度は相手にクリアされるが、茨田、長谷川とつないだボールを渡部がミドルシュート。ボールはバーを越えたが、ゴール裏のボルテージはいやが上にも高まっていった。

守備ではGK塩田が、ゴール前に立ちはだかった。33分には相手選手と交錯しながら、体を張ってボールを守った。42分に許した宇賀神のシュートもセーブ。守護神のファイティングスピリットは、攻撃陣にも乗り移る。前半終了間際には、右サイドの瀬川が中央にクロス。江坂の頭には合わなかったが、逆サイドにいた和田が中央へ持ち込んでシュート。互角の内容を維持したまま前半を折り返した。

後半開始から、長谷川に代わって大山がピッチに入った。この大山が攻撃のスイッチを入れる。「攻める時間がないとキツくなってくる。前半に機能していた守備は継続した中で、奪ったボールは自分が起点になれたらと思った。少ない攻撃でシュートまで持ち込めるシーンが後半は何度もあった」と大山。60分のCKの場面では、ショートコーナーを受けた大山が中央へクロス。瀬川がうまく体を入れながらヘディングシュートを放ったが、ボールはわずかにゴールの枠を逸れた。

そして63分、ついにNACK5スタジアム大宮が歓喜の歌声に包まれる。中盤でパスを受けた江坂が反転して右にはたくと、走り込んだ茨田がワンタッチで相手のタイミングをずらし、右45度の位置からシュート。「入ってくれという気持ちで打ちこんだ」(茨田)というボールは鮮やかにゴールネットを揺らした。

その後は、ギアを上げてきた相手の攻撃を粘り強くしのいだ。厚くした前線にボールを入れてくる浦和。しかし、ラファエル・シルバに許したシュートは、山越がスライディングでブロックした。「0-6で敗れたG大阪戦で球際の強さを感じ、練習から意識するようになった。ダービーということもあり、気持ちが一番大事だと思った」と山越。

後半終了間際には江坂に代えて高山をピッチに送り込み、5バックの布陣に変更した。1-0のまま5分のアディショナルタイムをしのぎ切り、ついに歓喜の瞬間を迎えた。

待ちに待った今シーズン初勝利だ。しかも、さいたまダービーで浦和を封じ込めた。「この1勝はすごく大きい。でも、勝点3に変わりはない。まだトータルで勝点4しか取れていないので、地に足をつけて、しっかりと次に備えたい」。こう振り返ったのは大山だ。

決勝ゴールを決めた殊勲の茨田も気を引き締めた。「サポーターと勝利をわかち合えたことは、今でも余韻に浸れるほどうれしい。これからも、一つひとつ勝利に向かって全力でやっていきたい」。

大きな、大きなきっかけをつかんだ。しかし、長いリーグを考えれば、手にした勝点3も、一つの通過点にしかすぎない。真価を問われるのは、これからだ。ただひたすらに邁進し、勝点を積み重ねていきたい。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)




画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

画像を見る

監督コメント

渋谷 洋樹監督会見映像
選手コメント

渡部 大輔選手ウイニングメッセージ

選手コメント

画像を見る

DF3 河本 裕之 (#3河本)
「勝つことができて良かったです。相手は首位のチームですので厳しい試合になると思っていましたが、しっかり我慢してプレーすることができました。相手がうまいのは分かっていましたけれど、イメージ通りに戦うことができました。もちろん、ダービーに勝てたことはうれしいです。しかし、ここで浮かれるつもりはないですし、次の試合もしっかり勝てるように頑張ります」



画像を見る

GK21 塩田 仁史 (#21塩田)
「ファン・サポーターの皆さんにダービーの勝利を届けたいという一心で戦いました。監督が相手を的確に分析して準備してくれましたし、選手も我慢強く守備をして攻撃につなげることができたと思います。ファン・サポーターの皆さんは、ここまで本当に辛抱強く僕たちを支えてくれました。僕自身もさいたまダービーのピッチに立つのは初めてでしたが、皆さんの声援で安心できましたし、自信を持って戦うことができました。ただ、順位的には最下位なので、ここから一つひとつ勝てるように頑張っていきたいです」



画像を見る

MF23 金澤 慎 (#23金澤)
「今日のメンバー発表のときにキャプテンを告げられました。少し驚きましたが、任されたからには、みんなを引っ張っていけるように頑張ろうと思いました。ダービーは順位とかは関係なく勝たなくてはいけない試合なので、勝つことだけを考えてやりました。守備の際にはディフェンスラインに入って、相手のシャドーに入ってくる選手をケアし、マークをはっきりさせることを心掛けました。僕たちを支えてくれてきたファン・サポーターの皆さんと勝利をわかち合えてうれしいですし、この勝利を次に生かしていきたい思います」



画像を見る

MF40 茨田 陽生 (#40茨田)
「さいたまダービーの雰囲気は最高でした。右サイドハーフは、このチームでは初めてでしたが、結果につながって良かったです。得点シーンでは任からのパスを受けたとき、ボールコントロールが少しズレて"やばい"と思ったのですが、その中でもコースが見えて、そこに良いシュートを打つことができました。やっと勝利をプレゼントできました。ここから一つひとつ戦っていければと思いますので、この後も一緒に戦っていきましょう!」


試合日程・結果トップへ戻る
ペ-ジの先頭へ
MENU